WarSong

TOP > 攻略センター >

詳しい

warsong
2018-01-16

ジャングルの王者バンガル:強力な制圧力を持つジャングルのヒーロー

天地が突如に異変し、森はモンスターたちの侵入によって破壊され、ジャングルの生物たちも絶滅の危機に曝されました。として森の動物たちは天に祈りました。どうかチカラを授けて、万物を苦難から救済してくださいますようにと。神は感銘を受けて、ジャングルの王者バンガルを下界に遣いました。万物を救済すべく、彼は強大なチカラを携えて下界に降り立ったのです。

初期において、バンガルは主にジャングルで成長します。そして成長と同時に、3つのレーンを支援して、路上の茂みの中に身を潜め、チームメイトに撃破の協力をすることもできます。爆発的ダメージはそう高くないものの、バンガルにはコントロールスキルがあります。団体戦において、バンガルは後列に切り込んで、敵側のメインアタッカーをコントロールすることで、局面を左右できます。

【スキル精解】

プライマルレイジ〔パッシブスキル〕:通常攻撃でターゲットに流血の効果をかけ、物理ダメージを与える。その効果は5段まで蓄積できる。

スキルコメント:通常攻撃で敵を撹乱すれば、敵のHPを削り続けて、ある程度残HP上の優勢を築くことができます。ひいては敵の成長を抑制する効果を発揮できます。

 

ヘヴィバイト〔通用スキル1〕:相手を引き裂いて、物理ダメージを与える。1段の流血効果につき、20%のダメージがプラスされる。

スキルコメント:この攻撃スキルはダメージを累加できます。パッシブの段数が高いほど、そのダメージも高くなります。パッシブが最上段の時に使うと、敵により強力なダメージを与えられます。

ジャングルアタック〔通用スキル2〕:ターゲットの方向に向かってダッシュする。掠めた相手に物理ダメージを与えると同時に、自身の攻撃速度を上昇させる。通常攻撃をする度に、このスキルのCDは縮減される。

スキルコメント:このスキルは壁を越えられます。ジャングルでこのスキルを使って移動速度を上げれば、モンスター討伐の効率も高くなります。また敵を攻撃する時は、敵との距離を縮めたり、ダメージを回避したりすることができます。ヒーローが逃げる時にもいい効果を発揮します。

 

タイガーアサルト〔通用スキル3〕:ターゲットのヒーローを1.5秒の間に制圧し、7回の物理ダメージを与える。さらには攻撃命中効果を発動させることができる。

制圧中では攻撃を受けるが、コントロールされることはない。

スキルコメント:最終奥義は主に敵をコントロールするためのものです。団体戦において、敵側の残HPの低い単位や、メインアタッカーに対して、制圧を行うことができます。ただし、敵からの攻撃はなるべく避けるべきです。攻撃スキルを発動できるので、なるべく早めに攻撃力の強い装備を取得して、最終奥義の収益を上げたほうがいいです。

【コンボのお薦め】

通用スキル2で敵に接近してから、通用スキル1でダメージを出します。ただし通用スキル2の落下位置には気をつけるべき。いきなり敵側の防御タワーの下に突っ込んだりしませんように。逃げようとする敵に対しては、通用スキル2で距離を縮めてから、最終奥義でその敵をコントロールして、通用スキル1でダメージを与えればいいです。

 

【キャラクターのポジション】

団体戦において、バンガルは先陣として敵陣営に突っ込み、相手のメインアタッカーをコントロールして、チームメイトとの協力で団体戦の勝利を勝ち取れます。防御タワーを強攻する場合、バンガルはタイミングを計って最終奥義でタワーの下の敵の制圧を行います。その時チームメイトは一気に突撃して、タワーの下で撃破を達成できます。もし不利な局面になっても、通用スキル2でタワーからすばやく撤収することができます。さらに敵がタワーを攻めてきた場合は、最終奥義で敵をコントロールして、敵にタワーのダメージを受けさせることで、最終的にはタワーを守り切れます。バンガルには爆発的な高ダメージはないものの、その最終奥義の制圧効果は団体戦においては、非常に重要な作用を発揮できます。なのでバンガルは主にサポートに近いヒーローだというポジションです。全防御の装備を選んで、敵軍陣営に突っ込んだ時により多くのダメージを引き受けて、チームメイトに攻撃のための時間を稼いで、撃破をサポートする方針もあれば、攻撃装備を選ぶこともなくはないです。実際はチームの構成を見て調整すべきです。

 

全体から見て、バンガルは初期にジャングルで活躍してながら3つのレーンを守り、団体戦では敵を制圧するヒーローです。初期段階で順調にジャングル討伐を果たせば、優勢を築くこともできます。そしてその団体戦においてのコントロールスキルもまた、勝利のための秘訣となります!さっそく試してみましょう!