WarSong

TOP > 攻略センター > 一覧 >

詳しい

warsong
2018-01-16

氷河の守護者ホートン:超絶なレーン戦能力を持つファイター

獰猛な外見に、アイスハンマーを手に握る。そんな彼は日々雪山で自分の種族を守護しています。種族のため、彼は百戦錬磨を経験してきました。彼こそが氷河の守護者——ホートンです。

ホートンはミニオン排除の効率と敵コントロール能力に長け、残HPになってもパッシブでHP回復ができるような、とても強力なファイターです。レーン戦において、ホートンはそのパッシブのHP回復に頼ってファームすれば、高速なレベルアップを遂げられます。そして団体戦になると、ホートンは最終奥義と通用スキル2のコントロール効果を利用して、チームメイトに出力の空間を与えることができます。

ではここで、氷河の守護者ホートンを詳しく見てみましょう。

【スキル精解】

 

 

スキル説明: ノースソウル(パッシブ):ホートンの残HPが30%以下になると、継続的のHP大幅回復効果を獲得できる。その効果は一定時間継続される。

スキルコメント:ホートンのパッシブ効果は非常に強力だと言わざるを得ません。ホートンがそのパッシブスキルを充分に利用すれば、敵側のヒーローと正面対決をできます。ホートンはその帰還の回数を減らせますし、タワーの下にいるだけでHPは徐々に回復されます。この効果はホートンのレーン戦能力を大幅に強化して、強い持久戦能力を提供しています。

 

 

スキル説明: グレイシャルフィールド(通用スキル1):ホートンが半径300のグレイシャルフィールドを発動する。その効果範囲内にいる敵側単位は移動速度が30%低下し、また0.5秒ごとに一定の魔法ダメージを受けることになる。その効果は8秒継続される。

スキルコメント:ホートンはその通用スキル1で、レーン上の敵側ミニオンを効率よく排除できます。また、通用スキル1はその継続性と高ダメージ、そして減速効果などの特徴を持っているため、ホートンがミニオンを排除し成長している最中に、敵側ヒーローに近づけられることはありません。それはホートンの成長にとって有利なことです。

 

 

スキル説明: アイスパス(通用スキル2):ホートンが指定の方向に向かってアイスパスを放ち、魔法ダメージを与えると同時に、経路上にいるターゲットを30%減速させる。

スキルコメント:ホートンの通用スキル2の効果は超遠距離と広範囲であるため、敵側の複数のヒーローを同時に減速させられます。そしてホートンが通用スキル2の範囲内に立てば、自分の移動速度が上がります。そのため、ホートンが残HPターゲットに対する追撃能力もまた上昇することになります。

 

 

スキル説明: スイープ(通用スキル3):ホートンがターゲットエリアに突進して、魔法ダメージを与えると同時に、すべての敵を1.5秒の間にノックアップさせる。使用後、即時にシールドを獲得する。

スキルコメント:ホートンは最終奥義で敵側の複数ヒーローをコントロールできる上に、その最終奥義でシールドを獲得し、ホートンが団体戦においての生存率を上げることで、チームメイトと連携し団体戦を全うすることができます。

【コンボのお薦め】

1、敵の移動経路を妨害する際には、まずアイスパス(通用スキル2)で敵を初めて減速させてから、敵に接近してグレイシャルフィールド(通用スキル1)を発動して敵を留まらせて、相手を難局に陥らせることができる。

2、敵が集まるタイミングを狙って、直接スイープ(通用スキル3)で切り込んですべての敵をノックアップしてから、着地の直後にグレイシャルフィールド(通用スキル1)で敵を留まらせて、コントロール時間を延長させる。移動スキルで離れようとする敵がいても、アイスパス(通用スキル2)で減速範囲を拡大し続ければ、誰ひとりを逃がしはしない。                

【キャラクターのポジション】

ではホートンはチームにおいて、どんな役割を演じているのでしょうか?

ホートンはチームにおいて、ファイターと先陣の作用を発揮しています。ホートンはその最終奥義を利用して、団体戦開始の際にコントロールと出力の作用を発揮できます。そしてホートンのそのパッシブ効果は、彼が団体戦においての生存率を上げてくれます。また最終奥義で切り込んだ後、ホートンはその通用スキル1を利用して、敵側すべてのヒーローに対して、ダメージと減速を与えることができます。最後に、ホートンが通用スキル2利用して、敵側の残HPヒーローを追撃すれば、パーフェクトな団体戦を全うできます!

 

ホートンはHP量が高く、ダメージも強いファイターです。彼はチームにおいて欠かせないヒーローですし、それに操作もさほど難しくないので、プレイヤーの皆さんはぜひ試してみてください。