WarSong

TOP > 攻略センター >

詳しい

warsong
2018-02-02

暴力ファイター 《War Song》八神庵の実戦テクニック教室

八神庵は《War Song》の中で、ダメージのかなり高いファイターの一人です。八神庵をうまく使いこなせば、レーン戦の時に敵を消耗できるだけでなく、集団戦においても敵側の脆い単位を秒殺して、チームを勝利へ導くことができます。八神庵を完璧に操作するには、いくつかのコツが要ります。今日はここで、皆さんに八神庵の実戦法についてご紹介しましょう!

【レーンでの消耗】

八神庵は初期において、おとなしくトップレーンでミニオンを排除して、敵を消耗させるべきです。八神庵は通常、トップレーンでソロのまま敵二人と対峙します。その時八神庵に必要なのは、味方の防御タワーを守りながら、ミニオンを排除して発育を遂げることです。決して敵の撃破のために、味方の防御タワーから離れてはいけません。さもなければ、ちょっとした不注意で、タワー共々撃破されてしまうかもしれません。もし敵がタワーを超えて強行撃破を企んだ場合は、コントロールスキルで敵をタワーの下に留まらせればいいです。状況が不利になると、移動スキルでさっさと撤退することです。

 

 

【ソロのやり方】

八神庵は対独な敵との対戦においても、正しい戦い方があります。もし残HPの敵と遭遇した場合は、通用スキル1の高速移動と、最終奥義のコントロール効果を利用して、敵を撃破します。もし八神庵が不利になった場合は、通用スキル2で相手をノックアップしてから、移動スキルで逃げればいいです。そうすれば、八神庵は一人でも敵と対面できて、損することはありません。

【団体戦の戦法】

集団戦において、八神庵の役割はとても肝心です。なぜなら、彼は敵の後列に切り込んで、チームメイトの受けるダメージを減少させるという大きな責任を担っているからです。後期の八神庵は極めて強力な爆発力を持っています。コンボ一式で、敵側の脆い単位をほぼ秒殺できます。そのため、敵は彼に対して、必ず重点的な防御をとるはずです。通常はコントロールスキルを最後に温存することです。その場合、八神庵はいったん陽動作戦に出て、撤退して次の突進に備えるか、または茂みに隠れて、敵の不意を突くことができます。

八神庵が敵の後列に切り込む際は、通用スキル1の突進を利用できます。その際は、敵の移動を必ず予測しておくべきです。もし偶然にも敵側のアタッカーの傍まで攻めたら、さっそく通用スキル2で相手をコントロールするべきです。そして最終奥義の多段攻撃で高爆発的なダメージを与え、その脆い単位を撃破してから、また移動スキルで撤退すればいいです。

【戦法のまとめ】

全体的で言うと、八神庵は初期トップレーンで消耗によって発育を遂げながら、なるべく1つ目のタワーを守ります。もし1つ目のタワーを失っても、命を保全して2つ目のタワーまで後退します。中期ではタイミングを見計らって、パッシブに合わせてスキルを発動して、複数回のダメージを与えて、残HPの敵を撃破します。後期はチャンスを狙って、敵側の脆い単位を優先的に撃破して、チームを勝利へ導きます。

 

以上が八神庵の実践テクニックについての解析となります。これらの内容をマスターすれば、八神庵は極めて暴力的なファイターとなって、脆い単位を秒殺する快感を味わえます。善は急げ、さっそくゲームで試してみましょう!