WarSong

TOP > 攻略センター >

詳しい

warsong
2018-02-07

ガトリングの組み合わせと抑制ヒーローの解析

《War Song》にはいろんなヒーローが存在しますが、私はガトリングだけを愛しています。俗には「三人寄れば文殊の知恵」という言い方があります。つまりは一人がいくら強くても、多人数には敵わないというわけです。だから認めるしかないが、私的には無敵な存在のガトリングでも、苦手なヒーローはいます。しかし、いくら敵が強くても操作次第です。ガトリングにもそのベストパートナーがいます。それをここで詳しく紹介しましょう!

 

【ラッセ、スカディアのベスト出力シチュエーション】

ガトリングはまさにそのなの通り、その兇猛な鉄拳で弱い敵を瞬時にして地面に叩きつけます。だがしかし、一部の状況ではガトリングもやりづらいポジションに立たされることになります。五人チームの一員として、ガトリングはその装備状況によって、様々な役割を演じなければなりません。フル出力状態のガトリングなら、その強力な出力能力で敵を瞬時に撃破できます。だが、彼が敵と自身をグランドに置いた時点から、集中攻撃を受けることを意味します。

そんな状況で、ガトリングは一部の出力を切り捨てて、自身のダメージ忍耐能力を強化しなければなりません。切り捨てた分の出力は、チームメイトに補ってもらうわけです。ガトリングが最終奥義で敵の位置を制限した後、ラッセは思う存分にその最終奥義で敵を撃破できます。最終奥義の継続時間内に敵は自由に移動できない上、スカディアの最終奥義は範囲性の継続的ダメージであるので、スカディアは敵に命中し続けることができます。

 

【マーモン、八神のからかう相手】

ガトリングを戦場で強くしている資本はなんでしょうか?もちろんその圧倒的なコントロール能力です。だがコントロールの領域で、上にはまだ上があります。ヒーローマーモンがまさにその例です。ガトリングはマーモンの通用スキル2で移動を制限されたら、ほとんど他にマーモンを攻撃できる手段を持っていません。そんなガトリングは、チカラがあっても発揮できず、目の前の敵を見ていることしかできません。

強引なコントロールをするマーモン以外にも、ガトリングをちっとも恐れないヒーローがもう一人います。それが八神です。たとえガトリングが最終奥義で庵をコントロールできても、庵は依然と自分の最終奥義で逆にガトリングをコントロールして、返り討ちにすることができます。お互いがコントロールし合った結果に、双方のチームメイトの猛攻撃を浴びて共倒れするのがオチです。

 

以上がガトリングのベストパートナーともっとも苦手な敵となります。集団戦では戦場が瞬時に変化しているので、集団戦でのガトリングはぜひ弱い相手から叩くという原則を守るべきです。そのほうが戦場を制覇できます!