WarSong

TOP > 攻略センター > 一覧 >

詳しい

warsong
2018-02-10

フローリアンがこんなふうに発育すれば、敵は裸足で逃げ出す

良い始まりは良い成功に繋がります。そしてちゃんとした発育はゲーム全体にとって、勝利のキーとなれます。だからどんなヒーローを使うにしても、まずは発育と戦闘力の上昇を第一位に考えなければなりません。だが、異なるヒーローもまた異なる特徴を持っているので、その発育の方法も同じではありません。今日ここでご紹介するのは、重量級ヒーローであるフローリアンの発育テクニックです。では本題に入りましょう。

 

【初期は堅実にして、戦いを避ける】

初期のフローリアンは比較的に弱い状態にいるため、レーン上で発育するという、簡単だが効率の高い発育方法を選ぶしかありません。レーン上で発育するうちは、タイミングをちゃんち見極めて、ひとり残さずミニオンたちにトドメを刺すべきです。適時に通用スキル1を使って、ミニオン撃破や敵側ヒーローの消耗を行ってもいいです。そうすれば、フローリアンは獲得ゴールドにおいて、大きな優勢を得られます。

 

 

 

ミニオンにトドメを刺している最中は、敵側ヒーローとの交戦をなるべく避けるべきです。その理由は初期のフローリアンはあまり有利ではないからです。もし敵が攪乱しに来たら、逃げられる場合、フローリアンは逃げるべきです。初期のオススメスキル育成は、通用スキル1を一回、通用スキル2を1回、そして最終奥義を1回育成するべきです。

【中期は安定に発育し、実力を温存する】

初期の発育があれば、中期に入ったフローリアンはすでにそれなりの実力を備えているはずです。だがまだ勇み足に出てはいけません。なぜなら、中期のフローリアンは一定なダメージ能力を持つようになってきたが、軽率に敵を追撃すると、返って簡単に撃破されかねないからです。

 

中期のフローリアンは敵にトドメを刺す以外は、なるべく自ら敵側ヒーローを攻撃しないほうがいいです。味方の支援があったり、敵のHPがあまりにも低くて、直接秒殺できる場合以外、フローリアンにとってもっとも重要なのは安定した発育です。そして自分とレーン戦するヒーローを撃破した後は、他のレーンの支援に行けます。そうやってキルやアシストのボーナスを獲得したほうが、より良好な発展を遂げられます。

 

【後期は気合全開 大活躍する】

後期になると、フローリアンの装備はほぼ完備しているはずです。この時のフローリアンは攻撃力においても、HPのおいても利点を持っているので、活躍の時が来たわけです。レーン上で、フローリアンは随時に自ら敵側ヒーローを攻撃できます。通常攻撃とスキルを合理的に活用して、必要となればタワー越しに強行撃破を行ってもいいです。もし敵側の支援が来ても、フローリアンは最終奥義の移動効果を利用して、攻撃するための時間とチャンスを作ればいいです。

 

後期になると、規模の大小を問わずに集団戦は頻発するようになります。フローリアンはその最終奥義の俊敏な移動効果と、パッシブスキルの持つダメージで、相手の脆い単位を秒殺できます。そうやって集団戦の勝利に貢献します。他にも、フローリアンは敵の死亡期間をうまく利用して、敵側ジャングルのビッグドラゴンとリトルドラゴンを刈り取ることも必要です。

以上が、フローリアンの発育プランでした。皆さんも少しは収穫があったでしょう。では早速、フローリアンをプレイして、爽快なバトルを繰り広げましょう。