WarSong

TOP > 攻略センター > 一覧 >

詳しい

warsong
2018-03-12

ヴィッキーの組み合わせと抑制ヒーローの解析

 

誰しもが自分にとってのベストパートナーがいます。もちろん、苦手な相手もいます。《War Song》の中では、一人ひとりのヒーローのスキルの特徴に基づいて、それに適したパートナーやそれを抑制できるヒーローを選定できます。今日皆さんにご紹介するのは、大人気のタンク役、戦闘においての接近型ヒーロー——ヴィッキーです。

 

 

 

まず、第一に理解しなければならないのは、ヴィッキー自身の特徴です:

そのパッシブ効果は、スキル発動後に通常攻撃にノックバック効果が付くことです。

通用スキル1のボールファイアは金色の力場を発生させて、範囲内にいる敵に目まいの効果を与えます。

通用スキル2は一定距離を移動し、シールド効果を発動させます。

通用スキル3は自身の周りに力場を発生させて、それに触れた敵に目まいの効果を与えます。

以上のスキル特徴を見れば分かるように、ヴィッキーはコントロールスキルを多めに持っているが、彼女自身の攻撃距離はそれなりに長くないのです。強引にコントロールを発動すれば、集団戦がその場を動けなくなる状況に陥ってしまいます。

 

【ベストパートナー:ラッセ、バーサ】

ラッセ:ラッセの特徴は、高額な爆発的出力能力を持っていることです。だが彼にとって出力しやすい環境は、なかなか見つかりにくいのです。ヴィッキーの最終奥義と通用スキル2があれば、相手の脆いヒーローを迅速にコントロールできます。そしてヴィッキーの広範囲コントロールの元で、ラッセは簡単にその最終奥義で、コントロールされている敵の脆い単位を撃破できます。

 

 

バーサ:バーサの特徴はラッセとほぼ一致します。彼女の最終奥義が持つ超絶なAOEダメージは、範囲内にいる敵に甚大なダメージを与えられます。集団戦の最中では、敵を明らかに弱体化できます。相手を消耗し続ければ、敵アタッカーはHPが低減しすぎたため、早めに戦場を抜けなければならなくなります。そうすることで、勝利への第一歩を切り出すことができます。

 

 

 

【抑制ヒーロー:ホートン、イド】

ホートン:ヴィッキーはその最終奥義の発動中に移動できません。そうなれば、彼女はコントロールの最中に継続的にダメージを受けることになります。ホートンのスキルはまさにそうです。たとえホートンがコントロールされても、その通用スキル1のダメージは依然と存在します。最終奥義を発動する時は、ホートンの通用スキル1に容易に大量なHPを削られてしまいます。

 

イド:もう一つの場合は、ヴィッキーの攻撃範囲外の敵から攻撃を受けることです。イドは極めて長い攻撃距離を持っています。ヴィッキーの戦闘スタイルでは、なかなかイドに追いつけません。イドに近づく前に、すでに逃げられているので、いつまでも一方的に攻撃されてしまいます。

 

プレイヤーがヴィッキーを操作してプレイする時は、必ずスキル発動のタイミングを計って、慎重に最終奥義を発動して、自身を危険な状況に陥らせないことが必要です。そして、絶対な抑制は存在しません。能力さえあれば、その一歩一歩の精彩なる操作で試合の勝利を勝ち取れます。