WarSong

TOP > 攻略センター > 一覧 >

詳しい

warsong
2018-03-12

ゴクウ実戦教室 残HP収穫者になるための手ほどき

《War Song》の中で、ゴクウはとても俊敏なヒーローの一人です。彼をうまく操作できれば、ジャングルでの効率はだいぶ良くなるし、大勢に囲まれた状況下でも脱出したり、一撃で残HPの敵を刈り取ったりすることができます。では具体的にどうすればいいでしょうか?今日は皆さんにこのゴクウの実戦操作について、ご紹介しましょう!

 

 

 

【ジャングルでのやり方 通用スキル1と2でジャングルを高速クリア】

ゲームの中で、ゴクウは自身のスキル利点を利用して、ジャングルでのスピードを上げられます。ゲームスタートの時、ゴクウはまず通用スキル1を習得します。その理由は、通用スキル1は安定したダメージを提供する上、パッシブスキルの段数を重ねることができるため、通常攻撃と合わせて小型モンスターをクリアする高チルは比較的に高いからです。モンスターがすべて出現する前に、敵側のジャングルに潜入してモンスターを1匹狩れば、通用スキル2を習得できるようになります。その後は、さっそく通用スキル2の多段移動で撤収すればいいです。皆さんが操作する時は、移動の最後の一段の着地地点を予測しておき、小型モンスターに当たるのがベストです。

その後は味方ジャングルに戻って、迅速にジャングルをクリアします。上のジャングルのモンスター4匹を倒せば、最終奥義を習得できるはずです。MPが足りない場合は、最終奥義でベースに戻ってMPを補充すればいいです。そして多段移動と通用スキル1を合わせて利用して、壁を乗り越えて移動しながら、下のジャングルを迅速にクリアします。壁を乗り越える際にパッシブの段数を蓄積し、多段のパッシブ蓄積を保った方が、ジャングルをクリアするスピードが上がります。

 

【遊走のやり方 最終奥義で地形を無視して、遊走しながら支援する】

モンスターを一度クリアすると、ある程度キルの能力が備えてきます。この時は、遊走支援を始めていいです。チーメイトから支援の要請があれば、最終奥義で地形を無視して飛んで行けばいいです。敵に遭遇すると、自動的に着地して攻撃を加えます。続いて通用スキル1を発動して、ダメージを出しながらパッシブの段数を蓄積します。残HPの敵が逃げようとすれば、移動スキルを利用して、相手に追いついてそれを刈り取ります。

支援の需要がなければ、3つのレーンの茂みで待ち伏せをしてもいいです。脆い敵単位が現れれば、直接移動スキルを利用して、相手を攪乱します。もし相手の人数が多い場合は、他の2段の移動で脱出すればいいです。その際、壁を乗り越えられるという特徴はきちんと利用すべきです。もし敵を撃破できる場合は、3段の移動は全部攻撃として敵に当てます。そして通用スキル1でパッシブの段数を蓄積してから、最終奥義と通常攻撃を合わせて敵を刈り取ります。

 

【集団戦のやり方 集団戦で後手として入場して、脆い敵単位を秒殺】

集団戦の時、ゴクウは後手として入場して相手を刈り取るべきです。集団戦では、なるべく敵タンクと対峙しないほうがいいです。なぜなら、ゴクウがすべてのスキルを出し切っても相手のタンクが倒れない場合は、通常攻撃の消耗では相手に敵わないからです。だから、ゴクウは残HPや脆い敵単位を狙うべきです。この時の立ち位置はとても肝心です。3段の移動で入場できる位置に立つのがベストです。では、なぜ最終奥義で入場しないでしょうか?それは、最終奥義は一番近い単位を自動的に選定するからです。なので、最終奥義は最後に刈り取る時のために取っておくべきです。

入場した後は、まず脆い単位や残HPの単位を優先的に攻撃すべきです。その際は敵の移動もきちんち予測しておき、3段の移動はすべて有効的な攻撃として発揮します。ゴクウはダメージを与える度に、パッシブの段数を蓄積できます。段数を高く蓄積できれば、通用スキル1で爆発的なダメージを出せます。もし残HPの敵が逃げようとすれば、最終奥義を発動して相手に迫り、その逃げ道をなくせばいいです。ご注意:的のコントロールスキルを避けて、うまく移動するべきです

 

以上でお届けしたのが、ゴクウの実戦法となります。これらの内容を把握すれば、敵軍の中で敵将の首をとり、残HPの敵を逃がさないことができます!