WarSong

TOP > 攻略センター > 一覧 >

詳しい

warsong
2018-03-12

自動的にモンスターや残HPに狙いを定める

ゴクウは《War Song》の中で、ジャングラー能力とキル収穫能力の極めて高いファイターです。ジャングルにおいて、ゴクウのスキルのジャングルクリア効率はとても高いです。彼はそのスキルで高いダメージを出せるだけでなく、壁を乗り越えながら高速移動して、ジャングルをクリアできます。他に、ゴクウのパッシブは段数を蓄積することでダメージを増幅できます。残HPの敵に遭遇しても、最終奥義で相手に狙いを定め、迅速にその首を刈り取ることができます。きちんと発育したゴクウはとても恐ろしい存在です。ではここで、ゴクウの発育テクニックについてご紹介しましょう!

 

 

 

 【初期の発育 高効率移動とパッシブ効果を合わせて、迅速にジャングルをクリアする】

初期において、ゴクウの発育は一分一秒を争います。迅速にジャングルをクリアしなければならないのは、そのスピードは支援に行けるタイミングを左右して、ひいては戦場での主導権に影響を及ぼすからです。そのため、ゴクウは自身のスキル利点を充分に発揮して、通用スキル1の安定したダメージと高効率な移動を利用して、パッシブ効果と合わせてジャングルを迅速にクリアしなければなりません。

初期では、モンスター1匹を倒すことで、レベルが1つ上がります。敵のカウンタージャングルを防ぐためには、まずは上方のジャングルで、味方のクリスタルから遠い距離にいるモンスター「氷」を撃破してから、高速移動を利用して壁を乗り越えながらジャングルをクリアします。上方のジャングルをクリアした時点で、レベル4に達しているはずです。続いて、最終奥義を発動して下方のジャンブルに移動して、モンスターを討伐し続けます。ここでは同様に、スキルを発動しながら迅速にジャングルをクリアします。合計8匹のモンスターを倒せば、レベル8に上がっているはずです。

 

 

 

【中期の発育 スキル利点で3つのレーンを観測し、支援とミニオン排除を行う】

ゴクウがレベル8になれば、一定なダメージ能力を備えてきたはずです。だがこの時ではMPを使い果たしているはずなので、帰還してMPを回復してもいいです。そしてベースで、どのレーンが一番劣勢なのかを観測して、最終奥義を発動して支援に向かいます。支援する際は、直接敵の背後に飛び込んで、チームメイトと連携して敵を撃破すればいいです。もし撃破が難しい場合は、途中で最終奥義を中断して、茂みに潜伏して不意打ちを狙います。敵を撃破した後は、ついでにミニオンを排除していってもいいです。そうすれば、かなりのゴールドを獲得できます。支援を終えると、その付近でジャンブラーをやりながら、再び支援するチャンスを計ります。

 

 

 

【後期の発育 残HPを狙い、最終奥義でその首を刈り取る】

後期になると、ゴクウのミッションは主に2つあります。集団戦とキルです。この2つのミッションにおいて、ゴクウはキルを狙えるというスキル利点を利用して、高速で発育できます。そしてゴクウは後期の集団戦の隙間を縫って、高効率なジャングルクリアを続けてもいいです。もし敵側の残HPが逃げようとして、チームメイトがそれを追撃できない場合ばあれば、ゴクウが直接最終奥義を発動して、飛んでいって最終奥義で相手を撃破すればいいです。たとえ敵がタワーの下にいても恐れる必要はありません。撃破した後、移動スキルで迅速に撤退すればいいです。こうしてすべての敵残HPはゴクウの発育の糧となります。

また集団戦において、ゴクウが移動スキルで残HPや脆い敵単位のそばに突進し、多段移動で敵を消耗しながらパッシブを蓄積して、段数を高く蓄積してから通用スキル1を発動してダメージを出します。もし敵が逃げようとする場合は、最終奥義でその撃破を遂げます。これでまたキルのゴールドを獲得できます。

 

 

 

ゴクウが発育するためには、主にその便利なスキルをきちんと利用すべきです。ジャングラーやミニオン排除の際でも、キルを収穫する際でも、パッシブの段数蓄積を忘れずに、より高いダメージを出すことで、より速い発育を遂げることができます。

以上お届けしたのが、ゴクウの発育テクニックです。それをうまく運用して、適時にジャングラーと集団戦を行えば、ゴクウの発育はそう難しくないはずです。善は急げ!さっそくゲームで試してみましょう!