WarSong

TOP > 攻略センター > 一覧 >

詳しい

warsong
2018-03-12

通常攻撃で高い出力を出すマークスマン バーサの発育テクニック解

バーサはチームのメインアタッカーとして、その発育はとても肝心です。通常攻撃に依存するマークスマンには、装備面での優勢が必要です。ではここで、バーサの発育テクニックについて解析してみましょう。

 

 

 

【発育のメイン方針】

集団戦で高額なダメージを出すためには、より優れた装備というベースが必要です。どんな時でも、バーサにとってゴールドはとても重要な要素です。レーン戦においてサポート役がミニオンの撃破を先取りしないことや、集団戦でのキルを彼女に譲ることや、ゴールドが少し欠けていれば帰還して装備を取得するとか、モンスターでゴールドを稼ぐとか、いろんな方法でバーサによりたくさんのゴールドを獲得させることで、より優れた装備を取得することでこそ、集団戦において高額な出力を出せます。

 

 

 

【初期のレーン戦】

初期のレーン戦において、この段階ではまだきちんとした装備を整っていないために、合理的に通用スキル1の攻撃速度と移動速度の両方の上昇を利用して、迅速にミニオンを排除します。ミニオンを排除した後、小型のモンスターを倒すことで、自身の発育を保証することもできます。ただし、もしジャングラーが近くにいれば、モンスター討伐はやめるべきです。初期ではジャングラーの発育のとても重要ですから。もしジャングラーが遠くにいれば問題はありません。ジャングラーがやってきた時には、すでに次のモンスターがポップされているはずです。初期の装備に欠ける非力な時期を無事にやり過ごしてから、初期のレーン戦においてのメイン方針はすなわち:「あらゆる手段でゴールドを獲得すること。そうやって装備での優勢を築く」ことです。

 

 

 

【中期の遊走】

中期に入って、リーチとリンチと靴装備を揃えるまで発育すれば、バーサのベースは整ってきます。この時期のバーサはジャングラーやサポート役と連携して、遊走しながらミッドレーンを支援できます。またはジャングラーとサポート役と一緒に敵側のジャングルまでギャングしに行ってもいいです。ジャングラーとサポート役のコントロールスキルの連携があれば、バーサはその通用スキル1の攻撃速度と移動速度上昇と、通常スキル2の減速効果で敵を足止めして、思うままに敵を撃破できます。

 

 

 

【後期の団体戦】

後期にバーサの装備が飽和すれば、ゴールドはそう重要ではなくなります。この時期はただ、集団で試合の勝利を勝ち取ることを考えればいいです。集団戦のメインアタッカーとして、バーサはまず自分の安全を保証しなければなりません。生きているこそ!出力できるのです!バーサはHPと防御力ともにあまり高くない上、移動スキルも持たないため、不注意な移動では相手に捕まって、撃破の危機に晒されることになります。集団戦においてバーサに必要なのは、サポートとタンク役の後ろに立ち、適切な入場のタイミングを見計らい、入場すれば高額な出力を保証することです。

マークスマンはチームのメインアタッカーです。初期ではマークスマンに発育するためのゴールドを提供します。中期に入るとコントロールスキルを提供してキルを獲得させます。後期の集団戦になると高額な出力をチームに提供します。それがマークスマンの役割です。