WarSong

TOP > 攻略センター > 一覧 >

詳しい

warsong
2018-03-12

短所を避けて長所を生かす ゴクウの組み合わせ配置や抑制ヒーローに関する解析

《War Song》の中で、各ヒーローはそれぞれの特徴を持っています。一人ひとりのヒーローの間にも、様々な相性が存在します。同じチームのヒーローはその組み合わせによって、強力な作用を発揮できます。そして対立チームのヒーロー同士にも、互いを抑制する属性があります。ゴクウという俊敏なヒーローには、どんな優勢と劣勢があるのでしょうか?今日はこのことについて解析してみましょう!

 

 

【ラッセとゴクウ 連携追撃が効果良好】 

ラッセ:ラッセとゴクウの二人はどちらも俊敏なヒーローです。敵を追撃する時、ラッセの跳躍は敵の身近に迫り、そしてゴクウがその3段ある移動でラッセに続くことができます。それに二人の移動スキルはともにかなりの出力を出せます。そこに他のスキルを加えて、爆発的なダメージを出せば、敵は撃破されます。ラッセとゴクウのコンビをお薦めしたのは、二人がレーンで敵と対峙すれば、どんな敵でも二人の強力な移動能力と高爆発的な出力から逃れられないからです。

 

 

 

【アリプランドとゴクウ 集団戦で連携して高出力】

アリプランド:アリプランドとゴクウはともにともに攻撃すればするほどダメージが大きくなるタイプです。集団戦において、ゴクウはスキルを利用してパッシブの段数を蓄積し続けることができる上、敵の注意を引きつけることもできます。そして、アリプランドはそのパッシブ効果でHPを回復できるので、集団戦では大量なダメージを分担できます。この二人のコンビをお薦めしたのは、アリプランドとゴクウが集団戦で連携すれば、ダメージ分担と出力は両立するからです。まさに集団戦のベストパートナーと言えるでしょう!

 

 

 

【アグナル 戦闘スタイルでゴクウを抑制】

アグナル:アグナルとゴクウの戦闘スタイルは大きく違います。アグナルが戦闘に入って通用スキル2を発動すれば、即時に最大ダメージの状態に入るのに対して、ゴクウはパッシブを蓄積することでダメージを上昇させる必要があります。そしてアグナルには吸血の効果があるので、ゴクウの戦闘スタイルでは完全に制圧されてしまいます。それに対して、ゴクウはモンスターとミニオンを利用してパッシブの段数を蓄積できます。随時に高い段数のパッシブ効果を保っていれば、戦闘で遅れを取ることはありません。

 

 

 

【ホートン 超強力集団コントロール能力でゴクウを圧制】

ホートン:ホートンは防御が非常に厚く、しかもコントロール能力の極めて強いタンク役ヒーローです。集団戦でゴクウが後列に切り込んでこようとすれば、いったんホートンの最終奥義にノックアップされると、ほぼ二度と脱出できなくなります。それにホートンのスキルにも減速効果があるので、集団戦ではゴクウの機動性を大幅に低下させられます。ホートンの防御が非常に厚いため、ゴクウでは彼の首を刈り取ることはとても難しくて、逆に撃破される恐れもあります。そのため、ゴクウはできるだけホートンの最終奥義を回避して、多段の移動を利用してホートンを避けて、アタッカーを優先的に撃破するべきです。

 

まとめ:ゴクウは高爆発力を持つアタッカーヒーローとの連携に適しています。コンビを組むことで、敵側の脆い単位を秒殺したり、残HPを撃破したりすることができます。でもゴクウはコントロール能力が強く、防御の厚いヒーローが苦手です。ゴクウはとても強力な移動スキルを持っているが、いったんコントロールされると脱出できなくなります。それに相手を撃破できないので、スキルを使い果たすと容易くも容易に撃破されてしまします。