WarSong

TOP > 攻略センター > 一覧 >

詳しい

warsong
2018-04-13

パートナーと抑制 ナナシの組み合わせ及び抑制ヒーローの解析

ナナシは《War Song》の中で、とても強い移動スキルを持つファイターヒーローです。彼の通用スキル1と最終奥義はともに移動効果を持っています。そのため、敵を追撃する時でも、逃走する時でも十分役に立ちます。だがいくら彼でも、同じ強い移動スキルを持った敵と遭遇しては、そう多くの対処方法を持っているわけではありません。もしチームメイトが敵をコントロールしてくれれば、ナナシはすばやく敵に接近して、ダメージを与えることができます。だが頻繁な通常攻撃でダメージを出すナナシにとって、苦手な相手に遭遇すると、抑制されてしまうことも明白です。ではいかにして、ナナシの短所を避けて長所を生かし、彼の役割を最大限に発揮できるでしょうか?今日はこのことについてみんなと一緒に見てみましょう!

 

【ベストパートナー 八神庵+サズム】

八神庵:

ナナシは主にパッシブ効果でダメージを出しているのです。彼は数回の通常攻撃の後に、武器にエナジーをチャージできます。その後の数回の通常攻撃にはリアルダメージが追加され、同時に物理吸血を獲得できます。だが敵もおとなしくそこでナナシの通常攻撃を受け続けるわけがありません。そこで、八神庵なら彼のその悩みを解決できるのです。八神は通用スキル3で敵をコントロールして、長時間敵をその場に制圧することができます。そうすれば、ナナシはより多くの通常攻撃を発動して、かなり高額なダメージを与えられます。

 

 

サズム:

ナナシの最終奥義は前方にダッシュし、命中した初めての敵ヒーローを円心として、順番に該当範囲内にいる敵ヒーロー全員を攻撃し、複数回の物理ダメージを与えます。そのスキル継続時間内、彼は無敵状態となります。ということは、ナナシは狭い範囲の中で最終奥義を使用すれば、より多くのダメージを出力できます。そこで、サズムは大きな方便を提供できます。彼はその最終奥義で地形を形成して、戦闘で敵の退路を封じて、敵を狭い範囲で自由に移動できなくします。その間にナナシは最終奥義でより多くのダメージを与えられるわけです。

アリプランド:

ナナシは頻繁な通常攻撃でダメージを出していますが、通常攻撃では爆発的なダメージを出すことはありません。そのため、苦手な相手に遭遇すると、手を焼くことになってしまいます。アリプランドはちょうどそんな苦手な相手の一人です。アリプランドの通用スキル2にはカウンターの効果がある上、パッシブにはHP回復の作用もあります。それにナナシはアリプランドと比べれば、HP量もそれなりに低いので、もしアリプランドと消耗しあっても、なんの得にもなりません。なので、アリプランドと遭遇した場合は、スキルを発動してダメージを出したほうがいいです。もし相手を撃破できなければ、通常攻撃で対峙するのでなく、さっさと逃げたほうがいいです!

 

サズム:

ナナシは主に接近戦でダメージを出すヒーローなので、敵と対峙する時は手を尽くして敵に接近しようとします。だが相手がサズムになると、状況は変わってしまいます。ナナシがサズムに接近すると、サズムは地形の近くで強化されているのであれば、ナナシでは安全に対処できません。そのため、地形の多い場所でサズムと遭遇すれば、対峙を避けて戦略的撤退を選ぶべきです。

以上お届けしたのが、ナナシのヒーロー組み合わせと、彼を抑制するヒーローに関する分析です。皆さんが戦場に出際は、ぜひこれらのポイントをきちんと抑えて、ナナシの実力を最大限に発揮してくださいね!