WarSong

TOP > 攻略センター > 一覧 >

詳しい

warsong
2018-04-16

無理せず、戦術的な発育を遂げよう! イドの発育テクニックお

イドは《War Song》の中のマークスマンとして、チームのメインアタッカーという重大な責任を担っています。それに相手もまた、彼に敵対するための方針で発育してくるでしょう。そんな厳しい状況で成長するためには、彼に適した発育テクニックは欠かせません。ではここで、皆さんとイドの発育プランを見てみましょう!

 

 

【初期の発育 ミニオン排除とジャングルクリアで消耗し成長する】

初期段階においてのイドは、絶対出しゃばってはいけません。移動スキルを持たない彼は、いったん撃破されるとその成長は抑制され、敵とのゴールド獲得において段差をつけられることになってしまいます。そうなると、後から追いつくことは難しくなります。そのため、yあるべきことは戦略的にタワーの下に隠れて、ゆっくりミニオンを排除しながら発育することです。通用スキル1をメインで育成すれば、ミニオン排除の効率は上昇し、高速で成長を遂げられます。そしてミニオンをクリアした後は、ジャングルへ行ってモンスターを撃破してきてもいいです。ジャングルクリアとミニオン排除の2つの方面は、イドに二倍の成長をもたらしてくれます!

 

 

【中期に発育 サポート役と連携してジャングルへ侵入】

そして中期になると、イドはすでに敵を撃破するための能力を備えてきています。そのため、サポート役と連携して敵側へ侵入してきてもいいのですが、決して単独行動をとっては行けません。もし敵側ジャングルに、モンスターを討伐している最中の敵がいて、しかもその相手のHPが高くなければ、そのまま最終奥義を発動して、敵の不意をついて巨額なダメージを与えればいいです。相手が残り僅かな残HPで逃げようとすれば、通用スキル1で遠距離から相手を刈り取ればいいです。もし敵のほうが比較的に強めである場合は、通用スキル2を発動して敵の視野を攪乱してから、その隙に逃げればいいです。そしてもし敵がいなければ、安心してモンスターを倒してくればいいです。そうやって侵入を果たすと、キルか敵側ジャングルのモンスターを収穫できて、なかなかの発育方法となります。

 

 

 

【後期の発育 敵を消耗して、キルを収穫】

後期においてのイドは、その出力能力はすでにずば抜けています。この時期に注意すべき点は、なるべく撃破される確率を下げて、継続的なダメージ出力を保証することです。そしてダメージ出力と同時に、アシストかキルも獲得できます。後期段階のイドは決して前に立ってはいけません。なるべく安全な環境で固定砲台モードに切り替えるべきです。通用スキル1の攻撃距離は非常に長いため、その攻撃が届く敵はとても多いです。いったん敵がチームメイトに撃破されると、イドは簡単にアシストを獲得できます。そして、彼の最終奥義は集団戦が開始すると、同時に複数の敵を攻撃できて、爆発的なダメージ出力をもたらしてくれます。残HPの敵は彼の最終奥義でそのまま命を落とし、他の敵も大量なHPを消耗されます。そこでチームメイトが飛びかかれば、撃破を遂げられるわけです。この時に獲得するキルやアシストがあれば、また大きな発育となります!

 

以上お届けしたのが、イドの発育テクニックに関する内容です。イドをプレイする際は、最初から急いでキルを収穫しようとしないことです。彼が初期段階での攻撃力はそう高くないので、移動能力を持たずに敵を追撃したり、あるいは逃走を強いられた時は、下手すれば返って撃破されてしまいかねます。そのためには、戦略的な発育が必要となります。他には、アサシンが狙ってくることも要注意です。いったんアサシンに攻め込まれると、簡単に逃げ出せることはありません。そうなってしまえば、ゴールド獲得でまた格差が開いてしまうことになります。皆さんも上記の発育テクニックを読んで、なにか収穫があったのでしょう!