WarSong

TOP > 攻略センター >

詳しい

warsong
2018-04-16

ラッセのヒーロー組み合わせ

ラッセは俊敏な移動能力と、爆発的なダメージ能力を掛け持ったアサシンヒーローです。彼女が後期になると、通用スキル2と最終奥義を合わせれば、敵側の後列ヒーローを簡単に秒殺できます。だが初期の戦場において、ラッセは1v1の戦闘には適しています。そのためにはチームメイトとの連携が必要です。そして、誰にも苦手な相手というものがあります。そんな強いヒーローにも、自然と天敵が存在します。ではここで、彼女のヒーロー組み合わせと、抑制ヒーローについて見てみましょう。

 

【ベストチームメイト:八神庵、ホートン】 

ラッセの通用スキル1と2は、プレイヤーが手動で攻撃のターゲットを狙う必要があります。多くの場合、それは多段移動能力を持つヒーローに躱されてしまい、挙句は返り討ちに遭わされることも有り得ます。そこで、八神庵の長時間コントロールがあれば、ラッセはすべてのスキルを完全に発動し敵を撃破できます。

 

そしてホートンの通用スキル1の減速と最終奥義のノックアップがあれば、ラッセはより効率的にHPの低いヒーローを探し出して撃破することができます。

 

【連携テクニック】

メインでラッセをプレイしたいプレイヤーならば分かると思いますが、彼女自身は高い攻撃力を持つと同時に、とても脆いヒーローでもあります。彼女のストレス負荷能力は低いのです。だがもし八神庵やホートンの協力があれば、彼女は初期でのカウンタージャングルで大きな優勢を築くことができます。敵がホートンの減速効果、あるいは八神庵の長時間コントロールを受けると、そのままラッセのコンボ一式で撃破されてしまいます。

最後の理由に、もしラッセが集団戦において通用スキル2が敵側マークスマンに躱されてしまえば、そのまま死ぬまでカイトされる可能性はとても大きいです。だがもしそこにホートンや八神庵の協力があれば、通用スキル2の命中率は大幅に上昇します。

 

【強制コントロールの天敵:マーモン、ロティエル】 

皆さんが戦場でもっとも恐れる相手と言えば、マーモンのはずでしょう。彼は最終奥義で突進してくるヒーローをそのままを箱にすることで、その動きを封じることができます。それはラッセにとっても同じことです。

 

 

 ロティエルにその通用スキル2の沈黙効果を使われれば、ラッセは肝心な時に最終奥義を発動できずに、集中攻撃を受けてたやすく撃破されます。

 

 

 

【対処方針】

多くのプレイヤーがラッセの高爆発的なダメージの恐怖を知ると、初期段階から彼女を抑制しようとかかってきます。例えば集団戦において、マーモンはきっとその最終奥義をなるべく最後まで取っておくとします。ラッセが通用スキル2で背後に回り込んで切り込もうとするタイミングで最終奥義を発動すれば、彼女には近くまで寄るチャンスもありません。

ロティエルはラッセと1V1で対峙する時はあまり有利ではないが、集団戦あるいはマークスマンをサポートするとなると、こちらが非常に手を焼く存在になります。特に集団戦になると、ラッセは自分の力で敵側の後列に切り込むことは非常に難しくなり、逆に返り討ちに遭わされる可能性がとても高いのです。ロティエルは潜伏することに長けています。通りかかった敵を瞬時に沈黙させてから、チームメイトに相手を撃破させれば、その間に相手は反撃する術も持ち得ません。

 

【まとめ】

ラッセは決して脳筋タイプのヒーローではありません。彼女を操作するプレイヤーには、対局意識や細かい操作での一定な需要が存在します。狙われた時は絶対に正面から集団戦を開始せず、タワーの下で相手が強引に攻め込んでくるのを待ったほうがいいです。ヒーロー組み合わせさえ正しく出来れば憂いはなくなるなど、短絡的な考えを抱いてはいけません。連携するには、チームメイト同士の間の理解が必要です。それは時間をかけて練習しないと会得し難いものなのです。そして皆さんにも、息ピッタリのチームメイトがいるといいですね!