WarSong

TOP > 攻略センター > 一覧 >

詳しい

warsong
2018-04-16

意識型アサシン ラッセの発育テクニック

周知の通り、ラッセはその瞬時なキル収穫能力で、多くのプレイヤーに愛されています。彼女ならば、コンボ一式で敵後列に簡単に切り込むことができます。もし彼女が最短期間でその発育を遂げることが出来れば、戦局はどうなるかは想像がつくのでしょう。ではここで、ラッセがいかにして超神レベルまで発育できるかについて、みんなと一緒に見てみましょう。

 

【全体的な位置づけ:脆い敵の収穫者】

ラッセの最終奥義は、極めて高い爆発的なダメージを有して、敵の残HPが低い時には致命的な一撃となりえます。そしてそれだけでなく、きちんと発育できたラッセならば、敵側のアタッカーを容易に秒殺できるのです。彼女は脆いヒーローにとっては、とても恐ろしい存在だと言えます。多くのプレイヤーには分かると思いますが、彼女の遊走キル収穫効果はとても優れていて、ゲームのテンポを速く進ませることができるので、彼女にはジャングラーのポジションをオススメします。

 

【初期:両方ジャングルで高速発育】

一人のジャングラーとして、まずゴールド獲得がとても大事です!ラッセは爆発的なダメージ能力を持っていますが、その前提は高速な発育で局面の発展を支配することです。それに彼女は初期において、大量な獲得ゴールドを必要とします。そのため、味方のジャングルエリアでの活躍だけでは到底足りません。

だが焦ることはありません。味方のゴールドが足りなければ、敵側のジャングルを寄っていけばいいだけのことです。だがラッセ自身も脆いヒーローであるため、いったん敵の待ち伏せを受けると、とても逃げられそうにありません。この際には、味方のタンクやマークスマンを連れて、一緒にカウンタージャングルをしに行けばいいのです。タンクとマークスマンが敵を攪乱している間に、ラッセは迅速に敵側ジャングルを一掃します。

一方で敵側ジャングラーの発育を凌駕し、獲得ゴールドでの優勢を築くことができます。もう一方で、敵側ジャングルのモンスターポップ時間をコントロールすることもできるわけです。

 

【中期:遊走しながらキル獲得、ジャングルを継続的に掌握】

通常の場合、初期においてきちんと発育できたラッセは、中期になるとすでにその鋭さを示し始めているはずです。ここは味方のジャングルをチームメイトの発育のために譲って、自分は敵側のジャングルを掌握したほうがいいです。モンスターがポップされれば、すぐさまそれを撃破します。そしてもう一つの重要なポイントは、ジャングルにいる間はレーン上のミニオンと敵残HPも見逃さないことです。この二つは小型モンスター1匹よりも金になるのですよ。

 

 

 

【後期:ミニオンを連れて連を押して、小型ドラゴンを撃破】

後期になると、ラッセは3つのレーンでミニオンを連れて押していき、敵側の行動を牽制することができるようになります。チームメイトに発育するための時間を稼ぐと同時に、レーンを押している最中に自身の究極的な発育を遂げることもできます。だがレーンを押していくという方法はとてもリスクが高いです。所詮ラッセは脆いヒーローであり、しかも移動スキルも持たないため、いったん複数の敵に囲まれると危ういのです。

 

そこで、とても経済的な方法がまだ1つあります。それは小型ドラゴンを撃破して、瞬時に大量なゴールドを獲得するという方法です。敵に察知されて撃破チャンスを奪われないためには、タンク役に敵側の注意を引きつけてもらって、その間にラッセとマークスマンが協力して撃破をすばやく済ませるのです。

 

【まとめ】

もちろん、戦場ではいろんな思わぬ要素がラッセの発育を妨げるのかもしれません。発育するためのテクニックも不変であるわけではありません。皆さんにも、様々な突発的状況に対応するための方法をマスターして欲しいのです。そしてプレイヤーの皆さんは、ぜひ自身に一番ピッタリな発育テクニックを見つけてくださいね!