WarSong

TOP > 攻略センター > 一覧 >

詳しい

warsong
2018-04-16

隠れ身の暗殺者 千里の発育テクニックお薦め

千里が《War Song》の中でのポジションはアサシンです。そのスキルには隠れ身という性質があって、彼女がアサシンヒーローとして、「十歩歩けば一人殺め、千里かけても跡残らず」という特徴を体現しています。一人のアサシンとして、優れた装備があってこそ高額な爆発能力を発揮できます。そのため、彼女の発育もまたとても肝心になります。きちんと発育できた千里ならば、敵の脆いヒーローを秒殺することも可能です。だがもしちゃんとした装備がなければ、コンボ一式で相手を秒殺できず、逆に返り討ちに遭わされるのがオチです。なので、発育がとても肝心な点です。ここで皆さんに、千里の発育テクニックについて解析してみましょう。

 

【初期は迅速にジャングルをクリアして、発育をきちんと遂げる】

初期段階の千里は、その通用スキル2の優勢を利用して、ジャングルで高速移動できます。それを利用して、彼女は最短な期間で、通用スキル1と合わせてすべてのモンスターをクリアすることができます。この時に注意すべき点は、モンスターを撃破することは千里にとっての獲得ゴールドと経験値の取得方法です。より短時間でより多くのモンスターを撃破すれば、その発育もより順調にできます。それにはプレイヤーが千里の通用スキル2をうまく利用して、その通用スキル2を撃破対象となるモンスターの隣に正確に当たらせることが必要です。移動での時間浪費を節約できてこそ、より多くの獲得ゴールドと経験値を先に入手できます。

 

 

 

【中期はチャンスを狙って、脆い敵を秒殺】

千里が中期になると、揃えた装備ですでに脆い敵ヒーローを威嚇できるほどの実力を備えてきました。この時期になると、ジャングルクリアして獲得ゴールドと経験値を集めると同時に、HPの低い敵HPを探すことも忘れないことです。そのスキルの隠れ身効果を利用して、通用スキル2で敵に命中させることを試みます。いったん命中すると、敵に接近して通用スキル1と通常攻撃を合わせて相手を撃破します。その際には、適切なタイミングを見計らうことがとても肝心です。例えば敵のマークスマンがソロでボトムレーンでミニオン排除している場合とか。サポート役の保護下にいないマークスマンはとても脆いのです。そこはチャンスを見計らって、通用スキル2が命中すれば、相手に接近して通用スキル1と通常攻撃を合わせれば、ほぼ相手のマークスマンを撃破できます。敵側のマークスマンの発育を抑制して、マークスマンなどの脆い単位が集団戦で高額なダメージ出力を出せなくすることが、千里の役割です!

 

 

【後期は適時に最終奥義を発動し、隠れ身で敵を秒殺】

後期になると、敵が一団となれば、千里は盲目に突進することを避けるべきです。集団戦において、HPの低いヒーローをみつけて、その相手に接近して撃破することはとても重要です。だがそのスキルの設定上、千里の投げる武器は命中した一人目のヒーローにのみ有効です。敵ヒーローはHPが低くなると、大体後列に立つようになるため、その命中の難易度は高くなります。だがこの場合は、茂みに隠れるか、最終奥義の隠れ身効果を利用して、敵に近くに誰もいないことを思わせておいて、その油断を誘います。それから隠れ身のままで相手に接近し、高額な爆発的出力でHPの低い敵側ヒーローを秒殺します。そうすれば、敵側の戦闘力を低下させ、人数の優勢を利用して集団戦の勝利を勝ち取ることができます!

 

千里は1人のアサシンとして、その最終的な目的はいつもHPの低い敵側ヒーローを秒殺することです。それは一見簡単に見えて、実はなかなか難しいことなのです。そのためには、プレイヤーが異なる敵ヒーローに対してのHP判断、スキルの命中率、隠れ身を使用するタイミング、そして集団戦での立ち位置など、色んな面での高い能力を必要とします。プレイヤーは千里のスキルをうまく活かすことで、集団戦において敵側ヒーローにとっての悪夢になるのです!