WarSong

TOP > 攻略センター > 一覧 >

詳しい

warsong
2018-05-16

装備解析:ヘッジホッグメイル詳細解析

特殊なパッシブスキルを持つ防御型装備として、ヘッジホッグメイルはゲームで愛用されています。また、その特殊な属性から、適切な使い方が見つからないプレイヤーもたくさんいます。物理防御力の高い増益と攻撃者の通常攻撃を反射する魔法ダメージは、バトルの終盤で大きな役割を果たすことができます。それでは、みなさんにヘッジホッグメイルの使い方とテクニックを紹介したいと思います。

 

 

 

【ヘッジホッグメイルの合成】

レザーアーマー400+レザーアーマー400+レザーアーマー400+ヘッジホッグメイル800

一見では簡単なように見えますが、秘密が隠されています。まず、ヘッジホッグメイルを少しずつ合成していくためには、3つの装備欄が必要になります。これだと、序盤でダメージを蓄積するADCとジャングラーに向いていません。装備欄を使いすぎたせいで、他のアタッカー装備は装着するところが無くなります。それに、序盤ではゴールドが少ないあめ、サポート型ヒーローが先にこの装備を装着すると良いのでしょう。サポート型ヒーローはレザーアーマーを装着して、物理防御力を増加させることでレーン戦での実戦能力を向上させることができます。また、序盤ではサポートにはゴールドが少なく、400ゴールドのレザーアーマーは1つずつ子購入できるので、プレッシャーを減らすこともできます。

 

 

 

【ヘッジホッグメイルの入手タイミング】

上述では、ヘッジホッグメイルには大人気がパッシブスキルがあると描いていました。その特殊なパッシブスキルとは何でしょうか?それは、受けた通常攻撃ダメージの15%を魔法ダメージとして攻撃者に反射するパッシブスキルです。このパッシブスキルがあるため、敵側の陣営をよく見てから選択しなければなりません。敵側ヒーローにメイジが多く、スキルダメージが多い場合は、この装備はまったく無意味になってしまいます。また、サポーター以外のヒーローがこの装備を優先して購入することはおススメしません。それは、サポーターは主にダメージを受け、吸収する役割で、他のヒーローはダメージを与えることを役割とすることが原因です。ヘッジホッグメイルを装着すると、アタッカーのダメージも低くなってしまいます。しかし、バトルの終盤では、敵チームは接近戦チームであり、味方チームのダメージが足りない場合、ADC或いは防御力の高いヒーローがヘッジホッグメイルを装着し、防御力アップとダメージアップの効果を狙うことをおススメします。

 

 

 

【ヘッジホッグメイルの組み合わせ案】

ヘッジホッグメイルは物理防御力を上昇させ、ダメージを反射できる装備です。相手のダメージを受け止めるためには、高めのHPも必要になります。でないと、ヘッジホッグメイル本来の役割もうまく発揮できません。そのため、ヘッジホッグメイルは、HPを高めてくれる装備と合わせて使用することをおススメします。例えば:リジェネストーンと氷河の枷鎖が挙げられます。

 

 

 

【ヘッジホッグメイルがぴったりなヒーロー】

トップソロ:ホートンは序盤のレーン戦でレザーアーマーで物理防御力を増加させ、レーン戦での能力を上げて、終盤にヘッジホッグメイルを合成してから物理防御力とダメージを大幅に増加させることで、ダメージ付与·防御の両方ができるヒーローになれます。メッツガーは、情勢が不利の場合はヘッジホッグメイルを選ぶのもいいでしょう。メッツガー自身のダメージが高く、劣勢にある場合、ヘッジホッグメイルを合成すると、ダメージを付与するスペースとチャンスが拡大されます。

サポートとADC:敵側に通常攻撃ダメージを主とするヒーローが3人以上いると、味方のサポーターはヘッジホッグメイルを優先して合成するのがいいでしょう。また、終盤において、ADCのダメージが足りない場合も、ヘッジホッグメイルを選ぶことをおススメします。

 

ここまで見てきたあなたなら、ヘッジホッグメイルの使い方をよく理解したでしょう。ではさっそく、ゲームでひと暴れしましょう!