WarSong

TOP > 攻略センター > 一覧 >

詳しい

warsong
2018-07-04

複雑地形での優勢

ドーヴェンは機動性の高いファイターヒーローです。通用スキル2の俊敏な移動効果とパッシブスキルがもたらすCD短縮の効果で、彼は思うままに戦場を往来できます。さらに彼は通用スキル1のダメージ低減効果で敵からの致命傷を避けることができて、最終奥義にはコントロール効果もあります。キチンと発育できたドーヴェンなら、全能と言っても過言ではないでしょう!では、具体的にどうすればドーヴェンは高速な成長を遂げられるでしょうか?今日はこのことについて解析してみましょう!

 

【初期の発育 通用スキル2とパッシブ効果を合わせて、迅速にミニオン排除】

ドーヴェンの通用スキル2は初期段階で重要視すべきスキルです。その通用スキル2には移動効果だけでなく、敵にかなりのダメージを与えることもできます。さらに通常攻撃を強化することで、CD短縮と追加ダメージを得られます。そんなスキルがあれば、ミニオン排除の効率は大いに上昇します。ミニオンには必ずトドメを刺して、ボーナスの獲得ゴールドを忘れないことです。ミニオン排除の効率は即ち発育の効率でもあります。一人ひとりのミニオンにきちんとトドメを刺せば、獲得ゴールドでの優勢を築くことができるのです。他に、モンスター撃破のチャンスがあれば、通用スキル2を使って壁を乗り越えながらジャングルで戦うのもありです。

 

【中期の発育 脆い敵を狙ってギャングする】

中期になってから、もしドーヴェンが脆い敵ヒーローに遭遇して、なお敵が単独である保証さえあれば、迷わず通用スキル2で移動して敵に接近し、戦いに持ち込むべきです。一般的で言うと、敵側の脆いヒーローはメインアタッカーを意味します。そのダメージ能力は侮れません。そのためには、通用スキル1をキープして、敵からの致命傷の対抗手段として使うべきです。もし敵が逃げようとする場合は、最終奥義を発動して、敵をノックバックしたり目まいさせたりすればいいです。ここで肝心なのは目まい効果です。角度を見定めて、敵をノックアップした時に壁にぶつけることができれば、敵はもう逃げられようにないのです。脆い敵ヒーローをギャングすることは、ドーヴェンの発育にとっての糧となります。キルで得られるゴールドはミニオンやモンスターのものとは比べものになりません。

 

 

 

【後期の発育】

後期になれば、ドーヴェンは集団戦でダメージ分担の役割を果たせる上、タイミングを見計らって敵側のメインヒーローを攻撃することもできます。集団戦でのドーヴェンは戦局のX要素となります。彼の壁を乗り越えられる移動能力と、最終奥義でもたらす目まい効果は、敵にとって意表を突くものばかりです。そのために、集団戦の中でドーヴェンは主に敵側のメインヒーローを攻撃して、通用スキル2で相手の傍まで突進してその相手を消耗させればいいです。そしてもし敵の背後を取ることができれば、通用スキル3で相手を味方陣営までノックバックして、チームメイトに撃破のチャンスを提供することができます。敵側のメインヒーローの撃破に成功すれば、戦力差を作り出すことを意味します。たとえドーヴェンが直接キルを取れなくても、アシストと通じてゴールドボーナスを得られます。

 

まとめ:ドーヴェンは複雑な地形での戦闘に長けています。そんなドーヴェンには生まれつきの優勢があって、ジャングラーとして発育するのもとても有利です。

 

 

以上お届けしたのがドーヴェンの発育テクニックに関する内容となります。皆さんは是非これらのテクニックを駆使して、あなたのドーヴェンをさらに強くしましょう!