WarSong

TOP > 攻略センター > 一覧 >

詳しい

warsong
2018-07-04

パートナーの組み合わせ及び抑制ヒーローの解析

ドーヴェンは攻防能力を備えたファイターヒーローと言えるでしょう。彼のスキルには防御効果があって、パッシブスキルにはダメージ上昇の効果もあります。さらに最終奥義で敵をノックバックすることもできます。そんな彼だからこそ、相性のいいチームメイトと組めば、抜群な効果を発揮できるのです。もちろん、彼にとって苦手なヒーローもいるのです。ではここで、ドーヴェンの陣容組み合わせ及び抑制ヒーローについて、皆さんと分析してみましょう!

【ベストパートナー サズム+メッツガー】

サズム:ドーヴェンが最終奥義で目まい効果を引き出すためには、地形という条件があります。ノックバックされた敵が地形の縁にぶつかった場合のみ、目まい効果が発揮されます。サズムなら、その条件を作り出すことができるのです。サズムがその通用スキル3で地形を形成させ、ドーヴェンに目まい効果の発動を協力すれば、より長時間で敵をコントロールできます。この二人の通用スキル3はまさに完璧なスキルコラボです。敵がレーン戦でサズムにコントロールされたら、そこでさらにドーヴェンの目まい効果を加われば、なかなか逃げられそうにありません。

 

 

メッツガー:ドーヴェンは最終奥義で敵をノックバックして、短いコントロール効果を得られますが、距離の離れた敵ならば手の出しようがありません。そんな時に、メッツガーは役立ってくれるのです。メッツガーは通用スキル2でフックを放って、遠くから敵を自分のそばまで引き寄せることができるのです。そしてドーヴェンが自分の通用スキル3を発動して、敵を味方陣営あるいはタワーの下まで飛ばせば、敵はおとなしく捕まるしかありません。メッツガーのフックとドーヴェンのノックバックを前にして、いくら分厚いタンクヒーローでも逃れられないのです。

 

 

 【天敵ヒーロー クリント+フローリアン】

クリント:クリントのスキルは高速に爆発します。それはドーヴェンにとってとても不利なのです。ドーヴェンは主に通用スキル1で防御しているのですが、その通用スキル1には一定の発動時間が必要なのです。スキルが発動される前に、クリントは爆発的なダメージで彼を撃破してしまいます。そしてクリントの通用スキル1には減速の効果もあります。それはあまり俊敏ではないドーヴェンにとって、非常にやりづらいでしょう。

 

 

 フローリアン:フローリアンは機動性の面において、ドーヴェンを圧倒的に勝っているのです。ドーヴェンの1段の移動では、フローリアンの最終奥義の複数段の移動に到底敵いはしません。追撃にしても、逃走にしても、ドーヴェンは完全に不利な状況に立たされます。それにたとえドーヴェンが最終奥義でフローリアンをコントロールしようとしても、フローリアンはその通用スキル2の選定不能な効果で、それを容易に躱せます。そうともなれば、フローリアンとの対戦でドーヴェンはほとんど優勢を保てそうにありません。

 

 

以上お届けしたのが、ドーヴェンのヒーロー組み合わせと、彼を抑制するヒーローに関する分析です。皆さんは対局において、これらの点を注意して、相性のいいヒーローと組んで、苦手なヒーロー避けましょう。そして存分にドーヴェンの実力を発揮してくださいね!