WarSong

TOP > 攻略センター > 一覧 >

詳しい

warsong
2018-08-21

強力コントロール型メイジ ジョーイの発育テクニックお薦め

《War Song》の中で、ジョーイは発育能力のとても強いメイジヒーローです。それは彼女がそのパッシブスキルの効果を通じて、経験値獲得の際に追加ボーナスも得られるからです。そんなジョーイは積極的に経験値を獲得していけば、すぐにレーン戦で向こうの敵とのレベル差を開けることができます。では、ジョーイの詳しい発育テクニックはどんなものでしょう?ここで皆さんと解析してみましょう!

 

【初期の発育 通用スキル2を育成し、高速発育を遂げる】

 

ジョーイはその通用スキル2が攻撃スキルであり、敵に有効なダメージを与えられ、ミニオン排除の効果が抜群です。それに通用スキル2にはチャージの効果があり、チャージ時間が長ければ長いほどダメージも大きくなるので、初期の発育では必ず通用スキル2をメインで育成します。敵側ミニオンラインの進路に通用スキル2を設置しておき、ミニオンが到着した時にそれを起爆すれば、ダメージを与えられます。通用スキル2のチャージ効果を利用してミニオン排除すれば、MPの消耗も低く、ミニオン排除の効率はとても高いです。後は自身のパッシブ効果のおかげで追加ボーナスを獲得すれば、すぐにレーン戦で敵とレベル差を開けます。

 

 

 

【中期の発育 支援でゴールドを獲得】

 

中期になると、ミニオン排除だけで発育するのは充分じゃなくなります。そのためにはキルかアシストが必要となります。そうなれば、支援がとても需要となります。支援を行う際は、敵の脆いユニットか残HPをターゲットに選んで攻撃を仕掛けます。残HPと遭遇すれば、通用スキル1でそれを2秒後元の場所に戻して、最終奥義でその敵を閉じ込めます。後は通用スキル2を発動してチャージで爆発的なダメージを与えればいいです。支援の際はギャングの形になるので、キルをアシストを獲得することはよくあります。後はミッドレーンに戻ってミニオンラインを処理すれば、発育はとても速くなります。

 

 

 

【後期の発育 各規模の集団戦で、最終奥義を発揮】

 

後期になると、いろんな規模の集団戦が頻発するようになります。最終奥義は広範囲でダメージを与えるので、自分のスキルに触れた敵であれば、撃破されるとキルかアシストを獲得できるはずです。なので、後期段階でその最終奥義はきちんと利用するべきです。いざ集団戦となれば、敵の一番集まる場所に最終奥義を発動すればいいです。2秒後最終奥義は敵を閉じ込め、その範囲内にいる敵はほとんど逃れられなくなります。そうなればゴールドを獲得できて、発育もとても速くなるはずです。

 

 

 

他に、後期段階では通用スキル1のコントロール効果を利用して脆い敵ユニットを狙い、相手を元の位置に戻して、他のスキルで集中攻撃で敵を撃破できれば、単独でのキルは大量なゴールドを獲得できます。その分発育も加速します。

 

 

 

以上お届けしたのがジョーイの発育テクニックに関する内容となります。皆さんはこれからのプレイで、ジョーイのパッシブ効果を利用して、ばりばりゴールドを稼いで迅速な発育を遂げましょう!