WarSong

TOP > 攻略センター > 一覧 >

詳しい

warsong
2018-08-21

ベストパートナーと天敵!ウエスタの組み合わせ及び抑制ヒーロ

ウエスタは《War Song》の中のマークスマンです。彼の最終奥義は大きなダメージを秘めていて、そのパッシブスキルも追加ダメージをもたらしてくれます。だが彼の弱点と言えば、まずはコントロールスキルがないことです。彼が最終奥義を敵に完全に命中させるのは容易なことではありません。だがもしそこに敵をコントロールしてくれるチームメイトがいれば、話は別です。他に、移動スキルを持たず、壁を乗り越えられないという弱点も、よく敵に利用されてしまいます。ではここで、ウエスタの陣容組み合わせ及び抑制ヒーローについて、皆さんと分析してみましょう!

 

【ベストパートナー 八神庵+メッツガー】

 

八神庵:八神庵はその最終奥義で敵をその場に留まらせて、複数段のダメージを与えることができます。もし八神庵が敵を撃破できなければ、代わりにウエスタが敵にトドメを刺せばいいです。ウエスタは直接ターゲット時点に最終奥義を発動すれば、容易に敵に命中できます。その後は通用スキル2で敵に接近し、頻繁にパッシブを発動させるのです。そうすれば、たとえ敵が完全武装したタンクでも、堪えられそうにありません。

八神がその通用スキル3で敵をコントロールしている間に、ウエスタの通用スキル3はほぼ完全に敵に命中し、何回もパッシブ効果を発動できます。まさに完璧なダメージコンビです。

 

メッツガー:ウエスタが最終奥義を敵に命中させて、パッシブ効果を引き出して敵にダメージを与えるためには、きちんと敵の動きを予測判断する必要があります。だが相手が俊敏型な敵であれば、攻撃はそううまく命中しなくなります。だがもし代わりに敵をコントロールしてくれるチームメイトがいれば、その命中率は大幅に上昇します。そしてそのチームメイトとして最適なヒーローはメッツガーなのです。メッツガーの通用スキル3で引き寄せられる敵は脱出できません。その隙にウエスタが通用スキル3を発動すれば、同時に高い頻度で複数の敵に命中して、同時にパッシブ効果を引き出せます。頻度の高いパッシブ発動と継続的なダメージがあれば、ウエスタは戦闘で大量なダメージを敵に与えられます。

 

【抑制ヒーロー サズム+ガトリング】

 

 

サズム:ウエスタの通用スキル2には移動速度を高める効果と、ダメージ免疫の効果がありますが、壁を乗り越えることはできません。不幸にも、そんな地形を作って、ウエスタの退路を経たせるヒーローがいるのです。それがサズムです。彼は最終奥義で地形を作り出して、ウエスタとそのチームメイトを分断させることができます。脆いマークスマンのウエスタは、通用スキル2で逃れることができず、おとなしく捉えられるしかありません。

 

ガトリング:ガトリングはファイター型のヒーローであり、その出力能力もかなり強いです。それに、彼は最終奥義でグラウンドを作り出して、敵をその中にバインドすることができるのです。ガトリングのそんな特徴は、ウエスタにとってまさに致命的です。なぜなら、ウエスタはマークスマンであり、遠距離ダメージこそが彼の得意分野です。いったんウエスタがガトリングにコントロールされて、グラウンド内に閉じ込められてしまえば、そんな利点はなくなってしまいます。それにウエスタは通用スキル2に頼って脱出することもできず、攻撃能力の強いガトリングならば、彼を短時間で撃破できるのです。

 

以上お届けしたのが、マークスマンとしてのウエスタの組み合わせヒーロー配置と、彼を抑制するヒーローに関する分析となります。皆さんもウエスタを操作する際は、チームメイトとの相性を考えて、彼を抑制する敵ヒーローとの対峙を避けるべきです。そうすればこそウエスタの能力を最大限に発揮できます!