WarSong

TOP > 攻略センター > 一覧 >

詳しい

warsong
2018-08-27

【装備解析】:セミタンクのファイター必須!クリーバーの詳細解析

ファイターたるものは、集団戦において一定な出力を提供しつつも、自身が一定の防御力を持ってチームが受けるダメージを吸収できる保障も必要です。そこで、攻撃装備の選択はとても重要になります。そんなクリーバーはファイターたちにとって、とても優れた選択の一つになります。ではここで、このクリーバーという装備の特性について、詳しく解析してみましょう。

 

【クリーバーの合成方法と購入タイミング】

 

値段450ゴールドのアイアンソードと値段400ゴールドのレザーアーマーを購入してから、アイアンソードをロングソードに合成して、最後に900ゴールド使ってクリーバーを合成できます。プレイヤーがこの装備を取得する際に、もしレーン戦が有利側であれば、先に攻撃力を強化するロングソードを取得したほうがいいです。もしレーン戦が劣勢になっていたり、他のチームメイトが支援に来ていたりする場合は、先に防御力を強化するレザーアーマーをして、自身の防御力を強化するべきです。そのほうが撃破されにくくなり、ストレス耐性が強くなって、自身の基本的な正常発育を保障できます。

 

クリーバーという装備がファイターにとって必須である理由は、この装備を合成する手順の自由性にあります。異なる戦況に応じて違う装備を先に入手することで、優勢を最大的に発展させて、劣勢を最小限に抑えることができます。30の攻撃力を強化することで、装備するファイターには一定の出力能力が付けます。10点の防御力で、装備するファイターの丈夫さが増して、集団戦においてのミス容認率が上がります。15%のCD短縮があれば、装備したファイターは、コンボ一式しか攻撃できないという短所を補い、より短時間でより高い出力を出せるようになります。そしてパッシブスキルでターゲットの防御力を6%下げることで、装備するアタッカーは敵の後列を脅かす力が付けます。マークスマンやメイジは自身の防御力がもとより弱いので、さらに防御力が下がれば、ファイターの攻撃一通りで刈り取られやすくなります。ファイターの出力能力は上昇します。

 

【疾風の剣士ナナシ、クリーバーの最適者】

 

 クリーバーはセミタンク装備として、30の攻撃力、10の防御力と15%のCD短縮を提供し、それはナナシにとって必要な属性です。ナナシがチームでの出力能力とダメージ耐性を保証してくれます。そのパッシブ効果は最大5回累積して30%に及ぶ物理効果の低減もとても重要です。敵ヒーローの防御力を低減させることで、味方マークスマンの出力は最大化にできます。同時にナナシ自身も敵後列にとって一定の脅威となって、敵の脆いヒーローを単独で撃破するほどの攻撃能力を備えるようになります。

 

ナナシがクリーバーを取得すると、ソロで1V1の戦闘力はかなり高くなっているはずです。もし単独でいる敵を見つけると、ナナシにとってはソロで撃破できるチャンスです。その通用スキル2の効果距離は結構遠いので、通用スキル2で敵を減速することを試みてもいいです。いったん命中すると、通用スキル1でジャンプして、敵に接近し相手をノックアップさせます。さらには通常攻撃で相手の防御力を下げます。もし敵が反撃しようとすれば、最終奥義で敵からの爆発的ダメージを回避すればいいです。クリーバーのパッシブの徹甲効果があれば、ナナシはより大きな攻撃の空間を得られます。

 

ファイターたるものは、チームのために一定な出力を提供しつつも、一部のダメージを吸収する必要もあります。そこでクリーバーの効果は完全に発揮されることになります。ファイターでも敵の後列を脅かす能力が備わり、敵の後列ヒーローが自由に攻撃できなくさせます。それがクリーバーの威力です!